ホーム症例の解説 > 手が痛い方

症例の解説

                                             
手が痛い方
野球肘痛
投げることにより肘に障害を起こすのは、野球が代表的であり、野球肘と呼ばれています。
投球動作中は、肘の内側では人体や筋肉が引っ張られ、外側では圧迫力と回旋力が加わります。その症状としては、内側では靭帯の炎症、筋付着部の炎症、剥離骨折を、外側では離断性骨軟骨炎を引き起こします。
テニス肘痛
テニスラケットを握るときに、指や手の関節を曲げたりのばしたりする筋肉に力が入ります。その筋肉は肘周辺に付着しており、その付着部が外力をくり返し受けることで、部分断裂、炎症をおこし、おもに肘の外側が痛むようになります。症状としては、手関節の背屈痛や握力の低下があり、タオルをしぼったり、ものをつかんだりする日常動作でも痛みが出ます。








ページ上部へ